忍者ブログ

日経賞と毎日杯の予想です


 日曜日はJRAでも芝のG1レース、高松宮記念があるし、土曜日の夜からはドバイのレースもあったりと、競馬にドはまりしてる方にとっては忙しい2日になりそうですね。オイラはひとまず土曜日の重賞の予想しておきます。


  日経賞
◎12番:ゴールドアクター
〇09番:レインボーライン
▲13番:シャケトラ
△04番:ブランスペスカ
  毎日杯
◎01番:サトノアーサー
〇06番:キセキ
▲05番:トラスト
△04番:クリアザトラック
 
 日経賞は別定とはいえ57kgなら昨年の有馬記念でも3着したゴールドアクターで大丈夫でしょう。あとはデムーロ騎手か田辺裕信騎手か…で〇と▲をつけましたが…。
 毎日杯は、前回も少頭数で取りこぼしたので不安もありますが、サトノアーサーが本命ですね。京都競馬場の外回りは前残りがちょいちょいあるけど、阪神競馬場は前残りが難しいイメージがあるので、ここは差し切ってくれるでしょう…。サトノアーサー以外はよくわからないので、なんか木曜金曜でJRAの協賛ドラマがあったようなので、キセキを指名してみましたが…。
 

PR

競馬場行ったよ


 昼にブログで書きましたが、京都競馬場ではなく阪神競馬場に行きました。で、パンを買って阪神競馬場に行きましたよ。昼のブログに書いた、きむらやだよ。




 だいたい100円(税別)の、あんぱん、クリムパン、メロンパンのうち2つを買うことが多いのですが、今回は「只今、焼き立て」の案内に釣られ、スイートポテトパイとクリームパンを購入。
 
 ちなみにオイラは、昔は朝の第1レースから最終レースまでやるのが当然…みたいなところがありましたが、いまは特別競走ぐらいで抑えるようになりました。今日も中京の9レースはハズレましたが、中山の9レースが当たり、「幸先良いかな」と思っていたのですが、オイラの快進撃もここまで…。結局マイナスでしたが、まぁ天気も良くて楽しめましたよ。

きむらや


 今日も競馬、中央競馬があるんですよね。でも、今日は阪神競馬場が休みなので、京都競馬場ではなく阪神競馬場に行こう。
 
 阪神競馬場に行くときは、きむらやというパン屋さんでパン買って行くんですよね。




 オイラ、パンも好きなんですよね。阪神競馬場が非開催のときだけですけどね。買うの。
 オイラ、お好み焼きも好きで、ここから少し歩くと総本店っていうのかな? お好み焼き、焼きそば、たこ焼きが売ってるのですが、そこでアウトレットやら50円引きやらで売ってるのを見ると、「あっ、こっちも良かったな…」と思ったりします。
 雨降っていなければ、仁川駅から地下道を利用しないオイラでした。

フラワーCの予想です


 
  フラワーカップ
◎01番:ディーパワンサー
〇12番:ファンディーナ
▲02番:ブライトムーン
△04番:サンティール
 
 
 前日オッズを見るとファンディーナが抜けた人気ですね。レースは見てないけれど新馬戦が1.5秒差で勝ってるんですね。でも、中山競馬場はインが有利ってイメージもあるし、キャリアなども考えてディーパワンサーを本命にしましたが、内田博幸騎手も調子が良いのか悪いのか…。
 

日本橋ストリートフェスタ


 以前、免許証の更新に行った話やそのあとでプラネタリウムを見た話などをブログで書きましたが、そのあと、日本橋に出かけたことは更新をさぼっていましたね。
 そのときにポスターを見かけ、




 あぁー、今年で何回目だっけ? と思っていました。
 
 今日昼頃、NHKのニュースで各地方のニュースの時間帯で関西ではこの日本橋ストリートフェスタのことをとりあげていて、「そーいえば、今日だっけ?」と思った。それだけのことです。
 
 いやはや、最近、いや以前からかな、コスプレイヤーの中には、「おっ!」と思うような可愛い娘もいて、ちょっと興味あったり…。川口春奈様のような可愛い美女、桐谷美玲様のような可愛い美女、後藤真希様のようなセクシーで可愛い美女、そんな方がコスプレ姿で参加していたら、撮影場所に違反しないところで許可そとれば写真を撮らせてもらえたりするしね。
 まぁ、オイラも20年以上前、まだ20代のはじめのころはゲームやマンガ好きで、コミケには行ったことありませんが、ガムコン(って略称で良かったかな?) やコミックシティーなんていうのが関西で行われていたころ行ったことあるし、日本橋ストリートフェスタも2回目か3回目のときに行ったことあったのですが…。今日もそうですが、いまは日曜日は時間があれば競馬場ですね…。

スプリングSと阪神大賞典の予想です


 
  スプリングステークス
◎11番:トリコロールブルー
〇09番:サトノアレス
▲08番:アウトライアーズ
△06番:モンドキャノン
  阪神大賞典
◎09番:サトノダイヤモンド
〇03番:シュヴァルグラン
▲02番:ウインスペクトル
△06番:レーヴミストラル
 
 
 スプリングSもG2だったんですね。G3かと思ってた…。どっちのレースも1番人気はサトノの馬かな?
 スプリングSは最近イチオシな田辺裕信騎手を本命にしようかと思ったのですが、デムーロ騎手の重賞への意欲というか勝ちが凄すぎて、ちょっとそろそろ勝てない気がしつつも、でもデムーロ騎手なら…で本命です。サトノで両レース本命も考えたりしましたが…。
 阪神大賞典は、もう前日オッズを見て、「やはりな…」とダントツ1番人気のサトノダイヤモンドを本命にします。相手もシュヴァルグランですかね。好事魔多しなんて諺もありますが、何かこの2頭に割って入ってこられるかもしれませんが、落馬などのアクシデントでもないかぎり、この2頭のワイド馬券なら鉄板な気がします。でも前日最終オッズでのワイド配当は「 1.1 ~ 1.1 」ですね。これは競馬場やウィンズ等で払戻金がモニターに映し出されたときに白ではなく黄色の数字で表示される、いわゆるJRAプラス10だから100円の元返しじゃなく110円なんだよ…ということか…当日の売り上げ次第では100円元返しの危険性もあるのか、それとも120円以上つく可能性もあるのか…。
 この2頭以外で3着以内に入りそうな馬は絞れなかったのですが、アナとしては1,000万下を勝ったばかりのウインスペクトルが大逃げを打つことに期待してちょっとおもしろそうかな…と印を打ちましたが、京都競馬場の外回りコースは時折逃げがはまって大波乱を演出しますが、阪神競馬場はあんまり逃げがハマるイメージがないんですよね…。

ファルコンSの予想です


  ファルコンステークス
◎12番:ナイトバナレット
〇03番:ジャッキー
▲16番:エントリーチケット
△09番:コウソクストレート
 
 今週は変則3日開催ですね。まずは土曜日は阪神競馬場と中京競馬場で開催。重賞は中京競馬場。
 最近好調なイメージの内田博幸騎手を本命にしようと思いましたが、オープン勝ちのナイトバレットを本命にしました。

ダイオライト記念の予想です


 黒船賞のことはスコーンと忘れてダイオライト記念を予想しましょう。船橋競馬場って微妙に荒れるイメージがありますが、統一ダートグレードレースならそう荒れないでしょう…?
 
 デムーロ騎手が乗るというだけで本命にしたくなったグレナディアーズですが、さすがに近2走を見ると本命にはしづらい…。三連覇の壁はブ暑いと思いつつも、クリソライトが本命かな。地方馬だとユーロビートが筆頭なのでしょうが、中央勢に勝つまでは…、厳しいでしょうね。連勝で条件浅を勝ち上がってきたマイネルトゥランも侮れないかな?

 ダイオライト記念
◎03番:クリソライト
〇02番:グレナディアーズ
▲12番:ユーロビート
△14番:マイネルトゥラン
 

映画観た! チア☆ダン


 梅田に行ったので、「今日は火曜日だから1,400円」で映画が見られるな。と思い、TOHOシネマズに向かいました。…なんか14日はトーホーの日だとかで会員じゃなくても1,100円で映画が見らるようで、そのせいもあってか混んでました。
 一応予告編を見て、「これ見たいな」と思っていた。チア☆ダンを見ました。まだ公開されて一週間も経っていないようですので内容にはあまり触れないようにしたいところですが、結果から言うと、なかなか楽しめた映画でした。ただ映画とは関係ないんですが、時間が気になるのか映画に飽きたのか、時々スマホを見る奴が居て、映画に感情移入し損ねましたが…。
 このチア☆ダンは空いてる席が数えるほどのほぼ満席状態でしたね。オイラもチケットを買ったときすでに7割以上埋まっていて、かなり前の方で観ました。
 



 ビリギャルはじめ、このテのドラマはよくあるのですが、今回は落ちこぼれとはちょっと違いますが、オイラはこういうベタなストーリーが好きっていうのは時々書いている通りです。そんなわけで、個人的には見て良かったかな…と思える作品でした。

黒船賞の予想です


 火曜日は高知競馬場で黒船賞という統一ダートグレードレースが行われますね。黒船賞よりその次の最終レースが注目されていた、あのハルウララに武豊騎手が乗ったのは、もう何年前だろう。思えばオイラも長く競馬にはまっているな…。
 黒船賞ですが高知競馬は現在は通年ナイターで開催されていますが、今回は5レースに組まれているんですね。今回も馬券圏内の3着まではJRA勢で決まりそうなんですが…。
 人気はニシケンモノノフでしょうね。横山典弘騎手の買い時がいまひとつわからないのですが、一応重賞で勝ちが狙える馬ではポツン騎乗は無いと思いますが…。あと、今年は戸崎圭太騎手を上回り田辺裕信騎手に次ぐ美浦のリーディング2位の内田博幸騎手に期待して、ブラゾンドゥリスを対抗。

  黒船賞
◎03番:ニシケンモノノフ
〇12番:ブラゾンドゥリス
▲06番:グレイスフルリープ
△10番:ドリームバレンチノ
 
 ドリームバレンチノは明け10歳で59kgなのでバッサリ切りたいところですが、昨年何度も泣かされたので怖くて切れない…。
 

京都競馬場で競馬中継を観戦


 今日もギャンブルに いそ しみました。
 
 阪神競馬場で開催中は京都競馬場のパークウインズを利用することが多いオイラ。本日も京都競馬場のパークウインズで馬券を買っていました。暖かかったこともあってか、割と人も多かったですね。
 建物の中から少し出て、実際にレースは行われていませんが、スタンド側に出てターフビジョンで見ていたのですが、ターフビジョンに向かって左手…。別に京都競馬場内ってわけではんく、京都競馬場からは離れた場所ですが、黒煙があがっていました。メーンレースのフィリーズレビューの馬券を買って15時半の少し前、スタンドのシートに座ると、左手で立ち上っていた黒煙が酷くなっていたようです。




 大規模な火事でもあったのだろうか? と思いつつ、ついスマートフォンのカメラ機能で一枚撮りましたが…。
 黒煙も気になりつつも、それ以上に気になったフィリーズレビューを観戦しました。結果は…。
 結局、この黒煙はなんだったんでしょう? ニュースを検索したけれど、アスクルの火災のような大きな火事のニュースはなかったようですが…。
 

沢尻エリカさん


 サントリーのほろ酔いのCMでショートヘアーを披露している沢尻エリカ様ですが、そのCMの中でスマートフォンに電話番号が出てくるんですよね。




 mixiのニュースで、その番号にけかてみたら4時間後に電話がかかってきた…とか書いてあったので、さっそくオイラも電話してみたんですよね。4日前。21時頃に電話したので夜中だったので4時間後なら真夜中なので着信音を小さくして待っていましたが、さすがにかかってこなかった。
 真夜中だから翌朝ぐらいかかってくるかも? と思っていましたが、翌日も何もなし。まぁ全員にかかってくるものでもないでしょうし、ニュースに載ったので、オイラのように「ちょっとかけてみよう」ってかけた人が多かったのかもしれない…。と諦めていたのですが、今日、京都競馬場に行くために駅のホームで待っていたとき通過電車が去ったあと、なにやらスマートフォンの着信音が鳴ってることに気づきました。電車の通過で鳴ってることに気づくのが遅れたのですが、出ようとしたら切れてしまいました。電話番号を見ると「03」から始まる見覚えのないナンバー…。最初は不振に思ったものの、「もしかして、これが沢尻エリカさんの折り返し電話だったのかも…?」と、思って、「いや、でも、もう4日も経つし、まさかな…。」と思いつつも、かけ直そうとかは思えませんでした。
 
 ちょっと悶々としていたら30分ほどして、またかかってきたので、期待と不安が入り混じりながら応答するをタップしました。
 
 「沢尻エリカです…」と、もちろん一方的な音声ですが、かかってきたのは、けっこう嬉しいものですね。なんか、中山美穂のときめきハイスクールなんていうゲームで電話したなぁ…などと、もう30年ほど昔もふと思い出すおっちゃんなのでした。この電話番号はネットでちょっと話題になっていましたね。
 
 なんか、沢尻エリカ様、いいわぁ~と思いますよね。こういうイベント…。

中山牝馬SとFレビューの予想です


 阪神競馬場で開催中は京都競馬場のパークウインズを利用することが多いオイラです。明日も阪神競馬場で重賞があるので、京都競馬場に行こうかな。
 さて予想です。
 
  中山牝馬ステークス
◎13番:マジックタイム
〇03番:ビッシュ
▲10番:ウキヨノカゼ
△09番:デニムアンドルビー
  フィリーズレビュー
◎15番:レーヌミノル
〇16番:カラクレナイ
▲07番:タガノカトレア
△01番:ラーナアズーラ
 
 中山牝馬Sは昨年リーディング争いをしていた二人を本命と対抗にしつつも、田辺裕信騎手が気になるオイラ。Fレビューは前日オッズを見ると2強ムードですが…。デムーロ騎手が重賞勝利の連続数を伸ばすのかも注目ですね。

金鯱賞と阪神SJの予想です


 さて、ごちゃごちゃ書く前に予想を書くように変えたので、まず予想から…

  金鯱賞
◎02番:プロディガルザン
〇01番:ルージュバック
▲14番:ヒストリカル
△06番:ヤマカツエース
  阪神スプリングジャンプ
◎11番:オジュウチョウサン
〇03番:タイセイドリーム
▲09番:ドリームセーリング
△06番:アップトゥデイト


 今週は日曜日にも楽しみな重賞がありますし、土曜日はアネモネSもありますが、重賞が2つありますね。1つは8レースに組まれていますが、阪神競馬場で行われるジャンプレースの重賞ですね。こちらは本命はもうオジュウチョウサンで決定ですね。2番手の評価はアップトゥデイトになるんでしょうが、別定でオジュウチョウサンと同斤量なので逆転は無さそう…。まぁどちらの馬も中山GJが本番でしょうから、他馬にもつけ入る隙はあるのかな? と思って、もしオジュウチョウサンを負かすならアップトゥデイトではなく他馬かなぁ…と対抗はアップトゥデイトにしませんでした。
 金鯱賞は、今年からこんな時期になったんですね。こちらは田辺裕信騎手が乗るということで本命はプロディガルサンにしました。対抗は戸崎圭太騎手との相性がいいのか悪いのか微妙なルージュバックにも今回は期待します。 

planetarium


 ラ・ラ・ランドにもプレネタリウムが登場していましたが、別にその映画の影響ではなく、大阪市立科学館でテーマが変わると暇をみつけて観に行くことが多く、だいたい年間に8回ほどプラネタリウム鑑賞をしております。
 今回のテーマは10万年後の星空と見えない宇宙みたいですが、上映時間の関係で見えない宇宙のミステリーというのを観ました。




 このプラネタリウムを観た方はご存知だと思いますが、上映までのわずかな間に、ショップで売っている冊子の紹介などの映像と、ここのプラネタリウムの特徴が投影されるのですが、3つ挙げられていて、「1.星空がホンモノに近い (星のまたたきなどがリアル) 」「3.スタッフのライブ解説 (時々トチリます) 」というものともうひとつ、「2.イスがフランス製 (よく眠れます) 」というのがあるのですが、オイラはホントにちょっと眠っちまったよ…。せっかくのテーマを見てないという…。うーん、やはりお酒を前夜に呑んだ影響で十分な睡眠が取れなかったのかな?この日は朝イチで免許証の更新に行った日なので、その影響もあったかな。
 
 ちなみに、免許証の更新を終え、京阪電車の古川橋駅で乗った電車が普通の中之島行きだったので、「あっ、渡辺橋で降りて、プラネタリウムでも見るか…」と、突発的に観に行ったのですよ。まっ、ちょっと残念ですが、いいか。フランス製のイスは本当に寝心地が良かったということで…。
 
 プラネタリウムって、みんな静かに見るし、夜空を再現するので、当然暗いけれど星明りで真っ暗でもないし、解説や音楽はあるので、静まり返ってるわけでもないし、映画のように突然大音量が鳴ることもまず無いですし、寝不足で行くと凄く眠りやすい環境ですよね…。しかも、演出により東の空からお日様が昇ってきて朝になって終わるので、ちょうど夜寝て朝日で目が覚める感じなのが、本当に心地よくて…。600円損した気分にもなりつつも、まぁ、仕方ない。また機会があれば行こう。
 



 ちなみに、 大阪市立科学館のすぐ隣には国立美術館があるのですが、そちらは行ったことないですね。
 

免許証の更新


 さて、免許証の更新に行きました。オイラは来月が誕生日なのですが、免許証の更新は誕生日の前後一ヵ月で行えますからね。オイラは免許証の更新の際にSDカードを申し込むので、何がきっかけで違反や事故を起こすかわからないですからね。何事も無いうちにちゃっちゃと更新しようという浅はかな考え。
 ハガキが来ていたのでそれを持って朝早くから出発。京阪電車の古川橋駅に8時10分頃に到着し、そのまま一路、門真の試験会場へ。バスもあるけど5年前に来た時も歩いたし、まぁ歩くか…とトコトコと歩いて試験会場へ。いや、試験会場って書いたら誤解されちゃいますね。免許の更新だけなので別に試験を受けるわけではないんですよね。門真運転免許試験場に行ったんですよね。




 試験場には8時半ごろには到着したのですが、すでに長蛇の列でした。受付は8時45分からとハガキに書いてましたが、やっぱり8時45分から受付が始まりました。受付が始まる前にモニターで案内が流れていて、「1番窓口では免許証のコピーを取るので免許証の用意をお願いします、更新ハガキは1番窓口では必要ありません」とか、その後の2番窓口、3番窓口への案内も流れていました。オイラも少し待ち時間はありましたが、9時前には免許証のコピーを取ってもらいました。ちなみにコピーを見ると今は免許書に記載されなくなっている本籍まで印刷されていましたよ。
 そして質問票とかいう記入して提出しなければならない用紙も取って、免許証のコピーも持って、通知ハガキも持って2番窓口へ。2番窓口では通知ハガキを見せて、料金を払いました。
 オイラは、すっかりペーパードライバーなので、優良運転者とかいうのに区分していただいたので、2,500円というわりとリーズナブルなお値段でした。お金を支払うと、予め収入印紙っていうの証紙っていうの、ま、料金分の印紙を貼った免許証の交付に必要な申請用紙をもらいました。
 質問票と申請書に記入と署名を済ませ、3番窓口へ。そして視力検査を済ませたらIC登録の暗証番号を2つ入力して2階へ上がりました。28番窓口では名前を呼ばれるまでひとまず待機。名前を呼ばれたら写真撮影。そして講習会場の場所やらが記載された紙をもらい講習会場へと向かいました。写真撮影が終わった時点で9時30分を回っていたのですが、講習は9時40分から開始となっていたので、急ぎ向かおう…としたら、別館の通路を最初見つけられず、ちょっと焦りましたが、9時35分をまわったころに無事到着。30分の講習を終え、新しい免許証をいただきました。平成34年〇月〇日までという有効期限を見て、「来年は平成から別のに変わるんじゃ?」と思いながらも薄汚れていたいままでの免許証から真新しい免許証に変わったので、ちょっぴり嬉しい気分になりましたよ。
 そして、SDカードを申し込みました。630円でした。
 
 ふと見ると、次の優良運転者の講習会は11時をまわってからみたいでした。8時45分受付だからと8時45分や9時ごろにきていたら、朝一の講習に間に合わなかったかも? と思うと、早起きは三文の徳じゃないけど、やや無理しましたが早く来て良かった。と思えました。




 何事もなければ、次に来るのは、また5年後だな…。でもそれだと元号が変わっても2022年まではずっと平成34年まで有効の免許証なのか…。




 京阪電車は、京都競馬場に行くときに淀駅で降りることは年に何度もありますが、古川橋で降りるのって、たぶん免許証の更新のときぐらいだったと思います。最初に自動車の学科試験をうけるときも来ましたが…。そんなわけでこの古川橋駅で降りたのって、人生で4回か5回だろうな、いまのところ。

お蕎麦


 この前十三駅で電車を待ってるときに、ふと阪急そば若菜を見たら、朝定食で天婦羅うどん(またはそば)と卵かけご飯のセットが500円であった。なんか興味あったけど、時間無いのでスルー…。
 その後、近所の蕎麦屋が開いていたので、食べました。阪急そばでもかやく御飯ときつねか天ぷらそばのセットで530円なんですが、ここはかやくごはんではなく鶏飯が200円。かけそばが300円で、この2つで500円で食べられました。


 まぁ、これで500円ならお得なんでしょうね。

弥生賞の予想です


  弥生賞
◎07番:コマノインパルス
〇09番:ダイワキャグニー
▲06番:キャッスルクラウン
△11番:カデナ 

 
 弥生賞ですね。まっ、オイラは日曜日、何事もなければ、阪神競馬場…は混むだろうから、京都競馬場のパークウインズでライブ中継を観戦する予定ですが…。
 
 チューリップ賞に比べればオッズ的には抜けた存在がいませんが、前日最終オッズを見ると単勝でこそダイワギャグニーが頭一つ抜けた感じですが、馬連などを見ているとカデナと人気を分けあっている感じですね。
 
 最終的には一番人気になりそうなカデナを本命にしようかと思ったのですが、人気してるときの重賞の福永祐一騎手っていまひとつ信用できないんですよね…。ってことで、デムーロ騎手に次いで現在リーディング2位の、いま乗れている男、田辺裕信騎手に期待してコマノインパルスを本命にしようかと思いつつもキングスオブザサンを思い出して不安に襲われるオイラでした。まっ、いいや。というわけでコマノインパルスを本線に人気2頭でいいかな…と思ったのですが地方から参戦してきているキャッスルクラウンもなんとなくおさえてみたいですね。
 



 弥生賞ってだいたい堅いイメージですが、たまに荒れるからなぁ…。

オーシャンSとチューリップ賞の予想です


 
 オーシャンステークス
◎06番:ウインムート
〇09番:メラグラーナ
▲02番:ナックビーナス
△03番:ブレイブスマッシュ
 チューリップ賞
◎03番:リスグラシュー
〇10番:ソウルスターリング
▲06番:ダノンディーヴァ
△01番:ミリッサ
 
 阪神競馬場ではチューリップ賞が行われますね。いよいよG1シーズンが近づいてきて春到来ももう間近って感じしますね。花粉症じゃなければいい季節なんですけどね…。花粉症になってから20年ほど、あまり春を喜べないのが悲しい。
 
 まずはオーシャンSから予想しましょうか。山城ステークスを逃げ勝ちしたウインムートを見ているとショウナンカンプを思い出したのでこの馬を本命。あとは戸崎圭太騎手が乗るのでメラグラーナかな…。
 チューリップ賞、阪神JFの1、2着馬が抜けた存在なのかな? 前走では香港だったか遠征していてG1で載れなかった武豊騎手が再びコンビ結成のリスグラシューの方を本命にします。今回はソウルスターリングと枠の内と外が逆になりましたからね。昨年桜花賞と優駿牝馬を盛り上げてくれたジュエラーとシンハライトが既に引退したので、この2頭には牝馬戦線の主役級に育ってくれることを期待して…。



映画観た! ラ・ラ・ランド


 アカデミー賞、よく知らないのですが、アカデミー賞の大本命と言われていたラ・ラ・ランドは受賞しなかったとか…? でも、前評価というか評判の高かった作品ですので、気になった作品でした。
 



 なんていうか、40歳も半ば過ぎた独り身オヤジの見る作品でもないような気がしました。SNS、ツイッターのハッシュタグ付きのTLを見ていると好感触みたいですね。
 ミュージカルに苦手意識のあるオイラですが、こどもの頃にプリンプリン物語を見たり、すでにオトナな年齢でしたが、アニメのアイドル天使ようこそようこを見ていたおかげか、ミュージカルがまったくダメってことはないのですが、突然ミュージカルになったりするのに…。
 
 まぁ、恋をしてる人、夢に向かって現在進行中の人もしくは、夢を追いかけて情熱を過去に燃やして挫折を味わった人、そんな方々が見ると、また違って見えるのかな?
 
 ストーリーは、最初は印象の悪い出会い(?)だった二人が恋に堕ちるというベタといえばベタなストーリーですが、ベタ好きなオイラはこういうストーリー割と好きです。…で、フィナーレなのですが、え~っと…。これはこれでハッピーエンドでいいのかな? という、ちょっとアレレ…? という感じの終わり方でしたが、まぁ、良作なのでしょう。この作品。ちょっと期待値が高すぎたせいで消化不良気味な感想ですが…。
 

ヤッキー食べたけど


 おてがるマックだったかおてごろマックだったか、バーガーが200円セットで500円のマクドナルドのあのシリーズに、しょうがやきバーガーとかいうのが先週あたりに登場しましたね。しかし、チキチーとかいうのが登場してからハムタスとかいうのが知らぬ間になくなったように、このしょうがやきバーガーの登場でオイラが微妙に好きだったバペポがなくなってしまっている店舗が増加中のようです。悲しい。
 それにしても、しょうがやきバーガーを略したらしょうやバーガーとかじゃないのか? ヤッキーって…。




 ファーストキッチンの得セットと違ってポテトがMサイズなのはお得な感じもしますが…。ファーストキッチンの得セットの方がオイラの好みみたい。

マジカルチェイス / MAGICAL CHASE


 20世紀も終わろうかというころ、インターネットをやりだしてから、あんまり遊ばなくなったビデオゲームですが、それまでは本当に「ゲームばっかりしてる」と言われるぐらいテレビゲームで遊んでいました。というか、どちらかといえばアーケーダーだったオイラは、ゲーセンで遊ぶことが多く、コンシューマー機のゲームってあんまり遊んでないんですよね。ファイナルファンタジーも4と7しかプレイしてないし、ドラクエもファミコンの1~4の4作品しか遊んでないんですよね。
 
 そんなオイラは、ファミコン、スーパーファミコン以外にもメガドライブやPCエンジンも持っていました。そんな中、PCエンジンの雑誌、PCエンジンFANだったかな? 違ったかもしれませんが…。とにかく雑誌でやたらと高い評価を受けたいたのが、マジカルチェイスでした。いまでは、ちょっと想像しにくいかもしれませんが、RPGやシュミュレーションゲームにアドヴェンチャーゲームと、それらも人気はありましたが、いまとは違いゲームセンターもアプライト筐体などが主力でビデオゲームがガンガン登場していた時代は、シューティングゲームとアクションゲームがやはり発売数も多く、人気作も登場してきました。ただ俗にいうクソゲーも多かったのですが…。そんな時代だったからシューティングゲームのマジカルチェイスも高い評価を受けたのでしょうが、このゲーム、やはり完成度というかPCエンジンでここまで…と、買って遊んで、高い評価も頷けると思った作品でした。
 このマジカルチェイスというゲーム、クエストという制作会社の作品なのですが、そんなに有名な会社でもなかったのかな? 初期発売が5万本とか聞いたことがありますが、実際はわかりません。でも、再販を望む声は多かったようですが、大手の会社じゃなかったという影響もあってか、供給されれば需要はそれなりに見込まれたのでしょうが、再販は残念ながらされなかったようです。実はオイラも買いそびれていた…というより、雑誌で高い評価で話題になるまでノーマークのゲームでした。欲しい…と思ったのも後の祭り。先に書きましたように再販はされませんでした。いや、その後されたのかもしれませんが、オイラはそれを知らないので、再販はされなかったと思います。
 
 そんなわけで本来ならオイラはこのマジカルチェイスというゲームで遊ぶことなく今日に至る筈(?)でしたが、雑誌の発売5周年を記念して、このマジカルチェイスの再販の企画が行われました。プレゼントではなく再販なので、お金はもちろんかかります。送料込みで8.000円を超えていたと思います。当時、ちょっと悩みつつも、「これがマジカルチェイスを遊べる最初で最後のチャンスだろう。」と思い、現金書留で申し込んだと思うのですが、二ヵ月ほど待たされたと思いますが ( この辺りの記憶はいい加減です ) 、郵送されてきました。もうスーパーファミコンもメガCDも発売されていたし、花博も終わりスターブレードやバーチャレーシングなどポリゴングラフィックのゲームも多数登場していたのですが、PCエンジン、それもHuカードのゲームながら、グラフィックもサウンドもレベル高い…そしてゲームもそこそこ難易度は高いものの、なかなかおもしろい…と、高い評価を受けるのも納得したものでした。




 このマジカルチェイスは先にも書いたように曲まいい曲だと思います。裏ワザで
 『モードセレクトの画面で、左、下、右、上、と押してから セレクトを3回、左、右、Ⅱ、の順に押すとサウンドテストの画面になる。
 とサウンドテストができるので、好きな曲を聴くことができます。しかもゲーム中では使われなかった曲もこのサウンドテストで聴けたりします。でも、エンディングの曲は、たしかサウンドテストでは聞けなかったと思います。このエンディングの曲もいい曲なのですが、自力でクリアーしないと聞けないのか…と、ちょっとなかなか簡単には聞けなかったと思います…と書きながら、本当はオイラの勘違いでサウンドテストで聴けたら恥ずかしいな…。
 まぁ、いまではユーチューブ動画でマジカルチェイスのエンディングまで収録されたプレイ動画を見つければ聞けるんで、昔を振り返れば凄い時代になったもんだなぁ…と思います。サウンドだけの投稿も見つけ、そこではエンディング曲も収録されていましたが、ただ著作権などの関係でサウンドだけの投稿は消されることも多いので、ここではプレー動画の方を貼り付けましたが…。もっともプレー動画なら消されないという保証はありませんが…。
 このマジカルチェイスはオイラの遊んだゲームの中でも名作の1つだと思うし、物流というか販売戦略というか、売れそうだから量産するというものでもなかった当時のゲーム市場の事情というものを少しだけ垣間見せてくれたソフトとしても思い出深い1作品となりました。
 
 その後ウィンドウズやら、再販もされたようですね。オイラは当時…と書いても発売から間が開いてはいましたが、それでも昔遊んだから、思い出と共にいまでもおもしろいと思えますが、いま、初めてこのマジカルチェイスを遊んだ人がどう思うかは…。
 やっぱり時代というかタイミングって凄いんでしょうね。

 ちなみに上の動画で使っているクリスタルをいっぱい ( スタート時にMAXの65,535クリスタル ) 持ってスタートとするのは、
 『モードセレクト画面で、左、下、右、上、と押し 、セレクトを3回、左、右、Ⅰ、の順に押してから ゲームを始める。
 で行えるようです。オイラも昔、雑誌に載っていたこの裏ワザ ( どちらかといえば、サウンドテストの方かな? ) を重宝しました。
 そういえば、PCエンジンって、Aボタン、Bボタンじゃんくて、ⅠボタンとⅡボタンだったなぁ…と懐かしく思い出してしまいました。

エンプレス杯の予想です


 昼間は少し日差しもあって暖かかったけれど日が傾くとやっぱり寒い。せめて懐ぐらいは暖かくなりたいものですね。
 川崎競馬場のエンプレス杯。人気が予測されるのは前走勝ったワンミリオンスでしょうか、鞍上も戸崎圭太騎手ですしね。個人的には田辺裕信騎手が乗っているという理由だけでタイニーダンサーの本命も考えましたが、今回は評価が低いので消します。来たら涙目でしょうね…。素直(?)にワンミリオンスを本命にしようかな? と思ったのですが、近年では傾向が変わっているかもしれませんが、オイラの中ではTCK女王盃の勝ち馬はエンプレス杯を勝てないというイメージがあるので、ならば、前走そのTCK女王盃で2着と健闘したリンダリンダに期待することにします。鞍上も金澤から遠征中の吉原寛人騎手ですしね。
    エンプレス杯
◎11番:リンダリンダ
〇09番:ワンミリオンス
▲04番:ヴィータアレグリア
△02番:タマノブリュネット

おまとめボタン


 いま、ちょっとメーンのブログにしようかと悩み中の「藤島士半の勝手きままなブログ」、まっ、要はいまご覧になられている当ブログのことなおですが、各記事毎に「いいね!」やツイッターのボタン、忍者おまとめボタンというのをつけてみました。




 ただ、他のブログでも設置しているのですが、これで「いいね!」などをしてもらったからといって、どうなるもんでもない気がするし、そもそも、個人でたまに読み返して過去を懐かしむぐらいで、多くの人に読んでもらうような工夫あるブログでもないのに、こんなボタンを設置しても虚しいといえば虚しい気も…。orz...
 

フリーエリア

    
  
あなたは、えぬほめ関連のすべてのコンテンツで、
のべ 番目に
訪問してくださった素敵な方です。

なお、このブログ限定では、
のべ 番目に、
ご訪問いただいた、素晴らしい方です。

プロフィール

HN:
藤島士半
Webサイト:
性別:
男性
職業:
プロ馬券師…というのはもちろん嘘。会社員です。
趣味:
ギャンブルと妄想
自己紹介:
 プロ馬券師やプロ舟券師に憧れていましたが、オイラには無理でした。これという趣味もないので、ギャンブルは競馬とボートレースをちょこちょこやっておりますので、比率としては競馬の方が多いので、競馬の予想がメーンの記事になると思います。
 いい歳しても独り身で悲しいおっちゃんですが、まぁ、このブログに(不幸にして?)迷いこまれたのも何かの縁。おヒマのある方は、ぜひお見知りおきを…。
 ナイスバディーな美女の方、大歓迎です。♡












   











  

最新コメント

[04/25 http://dokkanbattlestones.info]
[04/25 home remedies for abortion]
[04/25 found]
[04/25 look here]
[04/25 cheap psychic readings]

P R